医学部 臨床医学整形外科学Orthopaedic Surgery

JapaneseEnglish

研究室HP

H28集合写真②

整形外科では脊椎・脊髄疾患、関節疾患、外傷、手足の外科的疾患、末梢神経疾患など幅広く運動器の疾患を扱っており、年間約1000件の手術を行っている。川原範夫 主任教授、川口真史 講師は脊椎・脊髄疾患の専門であり、側弯症や脊椎がんなどの難症例を含む多くの脊椎手術を行っている。松本忠美 病院長(名誉教授)、兼氏 歩 教授、市堰 徹 准教授、福井清数 講師は股関節疾患専門であり、人工股関節置換術や再置換術、股関節部の骨切り術を数多く手がけており、北陸以外からも患者さんが来院される。市堰 徹 准教授は肩関節も担当しており、リバース型人工肩関節や関節鏡手術を行っている。廣村健太郎 講師は外傷性疾患や末梢神経疾患を行っている。また、大学院における研究として脊椎の再建、大腿骨頭壊死症や人工股関節の基礎的研究、再生医学センターでの骨・軟骨・脊髄再生の研究などを行っている。

お問い合わせ

TEL: 076-218-8138 +81-76-218-8138 / FAX: 076-286-4406 +81-76-286-4406 / Email: orthoped@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 川原 範夫 川原教授写真

名誉教授

  • 松本 忠美

特任教授

  • 兼氏 歩

准教授

  • 市堰 徹

講師

  • 福井 清数
  • 廣村 健太郎
  • 川口 真史

助教

  • 舘 慶之
  • 高橋 詠二
  • 織田 悠吾
  • 清水 義朗
  • 津田 亮二
  • 相馬 大輔
  • 米澤 克隆

主な研究業績

部門別研究業績

  • T. Ichiseki, S. Ueda, Y. Yeda, M. Tsuchiya, A. Kaneuji, N. Kawahara
    Involvement of necroptosis, a newly recognized cell death type, in steroid-induced osteonecrosis in a rabbit model.
    International Journal of Medical Sciences. 2017; 14(2): 110-114
  • K. Fukui, A. Kaneuji, S. Ueda, T. Matsumoto.
    Should well-fixed uncemented femoral components be revised in infected hip arthroplasty? Report of five trial cases. Journal of orthopaedics. 2016; 13(4): 437-442
  • S. Ueda, T. Ichiseki, Y. Ueda, A. Kaneuji, N. Kawahara, T. Matsumoto.
    The timing of glucocorticoid-induced osteocytic cell necrosis under hypoxia.
    Int J Clin Exp Pathol. 2016; 9(7): 7470-7475
  • Y. Tachi, T. Okuda, N. Kawahara, N. Kato, Y. Ishigaki, T. Matsumoto.
    Expression of hyaluronidase-4 in a rat spinal cord hemisection model.
    Asian Spine J. 2015; 9: 7-13.
  • A. Kaneuji, T. Sugimori, T. Ichiseki, K. Fukui, E. Takahashi, T. Matsumoto. Rotational acetabular osteotomy for osteoarthritis with acetabular dysplasia: Conversion rate to total hip arthroplasty within twenty years and osteoarthritis progression after a minimum of twenty years.
    J Bone Joint Surg Am. 2015; 97: 726-732

主な外部研究資金

  • 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 H26年度~H28年度
    研究課題名:特発性大腿骨頭壊死症の疫学調査・診断基準・重症度分類の改定と診療ガイドライン策定を目指した大規模多施設研究
    分担研究者:松本 忠美
  • 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 H29年度~H31年度
    研究課題名:特発性大腿骨頭壊死症の医療水準及び患者のQOL向上に関する大規模多施設研究
    研究分担者:兼氏 歩
  • 科学研究費補助金 基盤研究(C)H27年~H29年
    研究課題名:ステロイド誘発骨壊死分子機構の実証:Cre依存性細胞特異的遺伝子欠損マウスの応用
    研究代表者:市堰 徹
  • 科学研究費補助金 基盤研究(C)H 24年~H26年
    研究課題名:研究課題名:ステロイド誘発性大腿骨頭壊死の遺伝子修飾骨髄由来組織幹細胞の全身投与による予防
    研究代表者:市堰 徹
  • 医療研究開発推進事業費補助金(橋渡し研究加速ネットワークプログラム)H29.4.1~H30.3.31
    研究課題名:フッ素添加DLC(ダイヤモンドライクカーボン)を用いた骨内抗菌インプラントの開発
    研究代表者:川口 真史