医学部 臨床医学整形外科学Orthopaedic Surgery

JapaneseEnglish

研究室HP

H28集合写真②

整形外科では脊椎・脊髄疾患、関節疾患、外傷、手足の外科的疾患、末梢神経疾患など幅広く運動器の疾患を扱っており、年間約1000件の手術を行っている。松本忠美 病院長(名誉教授)、兼氏 歩 教授、市堰 徹 准教授は股関節疾患専門であり、人工股関節置換術や再置換術、股関節部の骨切り術を数多く手がけており、北陸以外からも患者さんが来院される。川原範夫 主任教授は脊椎・脊髄疾患の専門であり、側弯症や脊椎がんなどの難症例を含む多くの脊椎手術を行っている。杉森端三 准教授は膝関節疾患を担当しており、市堰 徹 准教授は肩関節を担当している。また、大学院における研究として脊椎の再建、大腿骨頭壊死症や人工股関節の基礎的研究、再生医学センターでの骨・軟骨・脊髄再生の研究などを行っている。

お問い合わせ

TEL: 076-218-8138 +81-76-218-8138 / FAX: 076-286-4406 +81-76-286-4406 / Email: orthoped@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 川原 範夫 川原教授写真

名誉教授

  • 松本 忠美

特任教授

  • 兼氏 歩

准教授

  • 杉森 端三
  • 市堰 徹

講師

  • 福井 清数
  • 廣村 健太郎
  • 川口 真史

助教

  • 舘 慶之
  • 高橋 詠二
  • 織田 悠吾
  • 田口 慶太
  • 植田 修右
  • 津田 亮二

主な研究業績

部門別研究業績

  • Kaneuji A, Sugimori T, Ichiseki T, Fukui K, Takahashi E, Matsumoto T.
    Rotational acetabular osteotomy for osteoarthritis with acetabular dysplasia: Conversion rate to total hip arthroplasty within twenty years and osteoarthritis progression after a minimum of twenty years.
    J Bone Joint Surg Am. 2015; 97:726-732.
  • Fukui K, Kaneuji A, Sugimori T, Ichiseki T, Matsumoto T.
     Bone remodeling after a mean of 10 years in diaphyseal cortical defects repaired with femoral revision using bypass fixation of extensively porous-coated stems with high stiffness.
    Eur J Orthop Surg Traumatol. 2015;25:741-747.
  • Tachi Y, Okuda T, Kawahara N, Kato N, Ishigaki Y, Matsumoto T.
    Expression of hyaluronidase-4 in a rat spinal cord hemisection model.
    Asian Spine J. 2015; 9:7-13.
  • Ueda S, Ichiseki T, Yoshitomi Y, Yonekura H, Ueda Y, Kaneuji A, Matsumoto T.
    Osteocytic cell necrosis is caused by a combination of glucocorticoid-induced Dickkopf-1 and hypoxia.
    Med Mol Morphol. 2014 [Epub ahead of print]
  • Kaneuji A, Sugimori T, Ichiseki T, Fukui K, Takahashi E, Matsumoto T.
    Cementless anatomic total hip femoral component with circumferential porous coating for hips with developmental dysplasia: a minimum ten-year follow-up period.
    J Arthroplasty. 2013; 28:1746-1750

主な外部研究資金

  • 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 H26年度~
    研究課題名:特発性大腿骨頭壊死症の疫学調査・診断基準・重症度分類の改定と
          診療ガイドライン策定を目指した大規模多施設研究
    分担研究者:松本忠美
  • 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 H21年~H25年度
    研究課題名:特発性大腿骨頭壊死症の診断・治療・予防法の開発を目的とした全国学際的研究
    分担研究者:松本 忠美
  • 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 H16年~H20年度
    研究課題名:特発性大腿骨頭壊死症の予防と治療の標準化を目的とした総合研究
    分担研究者:松本 忠美
  • 科学研究費補助金 基盤研究(C)平成27年~平成29年
    研究課題名:ステロイド誘発骨壊死分子機構の実証:Cre依存性細胞特異的遺伝子欠損マウスの応用
    研究代表者:市堰 徹
  • 科学研究費補助金 基盤研究(C) 平成24年~平成26年
    研究課題名:ステロイド誘発性大腿骨頭壊死の遺伝子修飾骨髄由来組織幹細胞の全身投与による予防
    研究代表者:市堰 徹